読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コフキコガネと深瀬

妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、日常生活の中でも意識して変えていきたいのが、歪んだ骨盤を整える事です。妊活中の体に適したお手軽なストレッチを紹介する動画もアップされています。


体の器官の中でも、妊娠に関する大切なものは骨盤内に納まっています。
歪んだ骨盤を整えて血行を促進してあげれば体の内部から健康になり、妊娠に適した体がつくられるという事になります。妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。その中でも胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。
ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが大切です。

今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が手軽に出来ますので、良い方法ではないでしょうか。


冷え性不妊を招くと言われています。
体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、生殖機能が低下することにつながります。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。



赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく盛んに細胞分裂を進めながら急速に発達していくのです。

そこでは葉酸が大量に使われます。

一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を望んだときから、断乳するまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。


葉酸は妊娠する前から摂取して妊娠初期の段階で体内にあるという状態が望ましいとされています。不妊治療をしている時点で、妊娠を望んでいる訳ですから、同時進行で葉酸を摂取することを心がけるのも胎児の先天性奇形を未然に予防するというところにおいて大事な事となってきます。



現在、妊活中です。子供を授かるためにいろんな努力をしています。


そのために、葉酸サプリというものを飲んでいるのです。


ですが、当然それだけではなく、朝早く起き出して、走ったり、ウォーキングを頑張っています。妊娠は有酸素運動も大事だとよくいわれますし、夫婦揃ってウォーキングを行うことがコミュニケーションになっているんじゃないかなと思います。



妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないと誰でも知っていますが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精率や着床率が上がるといわれているのです。



無事に着床して、妊娠が成立するまでの間は細胞分裂が活発なので、ここでも大量の葉酸が必要になるわけです。ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、生まれてくるまでの赤ちゃんにとっても重要な役割を果たすものなので、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。仲良くしている友人が妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。漢方だったら安心感があると思います。
彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。



ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。

妊婦の方の中でも、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。



しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。
不妊治療にはいろいろなやり方があり、どうして子供ができないかによってそのやり方も大きく変わってきます。
排卵日を確実に調べ、自然に妊娠するようにするタイミング法から、年齢の高い方や対外受精でも妊娠がむずかしい人が行ってみる最も高度な技術の顕微授精など、人それぞれの治療をすることができます。